株式会社アーク 地理情報システム(GIS)の開発
地理情報システム(GIS)の開発
製品・サービス概要
地理情報システム(GIS)
Arc GIS Platform とは
AGPとは
AGPの構成部品
Isideグループウェア
無料30日間試用
Iside勤怠管理/工数管理を、 無料で30日間試用できます。 申込はこちらから。
機能がOKであれば、そのまま正式契約できます。
Isideグループウェア

ASPにてサービス提供
利用企業募集中!
AGP
(Arc GIS Platform)
GISを低価格で構築。
SISと融合し、SISの特徴を生かした実体は!
プライバシーマーク 20001341


ホーム > 製品・サービス > Arc GIS Platform とは > AGPとは <<戻る
 ~ AGPの特徴 ~
AGPとは
 地理情報システム(GIS)を開発するために、当社が独自に開発したライブラリセットで、 Arc GIS Platform を略して、AGPで呼んでいます。
AGPの特徴
低コスト
従来の非常に高額な開発費が、約2分の1で済みます。
短納期
必要な機能の部品化、柔軟なカスタマイズ性により、短納期での開発が可能です。
多機能
あらゆる機能を部品として用意していますので、部品を組み合わせるだけで、
多機能なシステムの構築が可能です。
AGPによるGIS開発


• GISエンジン、AGPは、パソコン1台につき、1つずつ必要です。
• 2台目以降のシステム価格には、開発費、データ整備費は含まれません。
• データ整備費は、用いる地図データ、システムにより大きく異なります。
• 参考のシステム価格には、パソコン、OS等の購入費用は含まれていません。
• システム価格は、従来の場合とAGPの場合との比較を目的にしています。
  あくまでも参考までに止めておいて下さい。
• システム価格は、ユーザ様とのご契約により構成が異なる場合があります。
  GISの受託開発をご参考にして下さい。

| ホーム | 製品・サービス | お知らせ | 問い合わせ | 会社案内 |  個人情報保護について |

 LastUpdate: 2006/8/8

2019/6/27